知っておけば必ず役立つ!?外壁塗装の豆知識を初心者にもわかりやすくご紹介!

当サイトでは知っておきたい、外壁塗装の豆知識を初心者にもわかりやすくご紹介しています。
家の外壁の塗り直しを考えているのならば、きっと参考になるはずです。
雨漏り診断士は、外壁の塗装によって雨漏りを防止できる知識と技術を持ちます。
雨漏り対処のプロの存在は、現代社会に役立つはずです。
資格の有無は、外壁の塗装に携わる業者の良し悪しの判断材料の一つになりえます。
品質の良い仕上がりを期待できる業者選びに役立つかもしれません。

知っておけば必ず役立つ!?外壁塗装の豆知識を初心者にもわかりやすくご紹介!

外壁塗装の初心者であるため、塗装に関して分からないことが多いという人もいるのではないでしょうか。
外壁塗装は、住宅の外観を美しくし建物を保護するために役立っています。
ただし施工する際の天候や気温によって、仕上がりが異なってくる場合もあるため注意が必要です。
また外壁塗装は湿度85パーセント以上の場合には施工出来ません。
たとえ雨天でなくても湿度によって、施工できないケースがあることは知っておきたいところです。

外壁塗装工事に欠かせない塗装工事業許可とは?

塗料を塗り付ける工事は塗装工事と呼ばれ、国内には多くの塗装会社が存在します。
一定金額以上の外壁塗装工事を請け負う場合は、塗装工事業許可が必要になります。
塗装工事業の建設業許可を取得したい場合は要件があり、要件を満たしているなら書類で証明します。
経営業務の管理責任者や営業所に常勤して職務に従事している専任技術者が必要で、他にも様々な条件があり申請先の行政庁が指定している書類上で証明します。
経営業務の管理責任者になりたい場合は、建設業界で5年以上の経営経験が必要になります。
一級土木施工管理技士や建築塗装工、金属塗装工も塗装工事業の専任技術者になれます。
塗装工事で10年以上の実務経験を持っている人も専任技術者になれますが、常勤が条件です。
外壁塗装工事は建物の安全を守る仕事なので、塗装会社の選択では塗装工事業許可の確認も必要になります。
長年の経験と実績を持つ塗装会社でも、事前に会社の詳しい情報を調査した方が安心して工事を任せられます。

塗装技能士の資格を持つ塗装業者に外壁塗装を依頼するメリットとは?

外壁塗装などの塗装工事を行うにあたって特別な資格は不要ですが、塗装技能士の有無は塗装業者選びにおける判断材料となります。
これは国家資格の技能検定制度のひとつで、取得するには学科試験と実技試験の両方に合格する必要があります。
また、この資格は難易度が高い順に1級・2級・3級の3つの等級があり、それぞれ受験資格が異なります。
3級は誰でも受験できますが、2級は2年以上の実務経験が、1級は7年以上の実務経験が必要です。
職業訓練歴や学歴などによっては実務経験の年数が短縮されることもありますが、1級は高い技術と経験を持った職人しか取得できません。
そのため、1級塗装技能士を有した外壁塗装業者に依頼すれば、高いクオリティの塗装を行ってくれる可能性が高いです。
なお、この資格を有していない職人の中にも腕が良い方は数多く存在します。
特に、年配の職人は資格を持っていない方も少なくありませんが、資格の有無は塗装業者の信頼性を見極める判断材料としてチェックしておきましょう。

足場の組立て等作業主任者の資格を持つ外壁塗装業者のメリット

足場の組立て等作業主任者の資格を持つ外壁塗装業者は、足場を含めて塗り替え作業が任せられるのがメリットとなるのではないでしょうか。
資格を持たない場合を考えてみると、資格を持つ他の業者に足場を組立ててもらう必要が出てくるので、外壁塗装の工事に日数が掛かることが考えられます。
しかし自社で設置や塗装作業に解体を含めてワンストップで対応できるとしたら、所要日数の短い外壁塗装に期待が持てます。
更にいえば足場を手配する必要がなくなるので、コストを抑えて費用が安くなることにも期待できます。
安さは外壁塗装業者にとっても営業や競合に対する武器になりますから、コストを抑えられる強みを持っている業者に相談して任せれば、より安い費用で塗り替え工事ができる可能性があります。
メリットはこのように工期の短さと費用面が主で、早急に工事が必要だったり予算が限られている、費用を少しでも抑えたいといった人にとって特に魅力が増すのではないでしょうか。

外装劣化診断士は外壁塗装のアドバイスや提案ができる強みがある

家の劣化が進み外壁塗装を検討している場合は、最初に建物の状況を診断してもらいます。
注目を集めている外装劣化診断士は、住宅の外壁や屋根など外装部分の劣化状況を調査して診断する専門家です。
外壁塗装を正しく行うためには、外壁を見て劣化の状況を正しく判断する必要があります。
外装劣化診断士なら、劣化の度合いや適切な対処法を教えられます。
外壁塗装のタイミングは住宅によって異なり、立地条件などにより目安の期間よりも早く劣化する可能性があります。
外壁や屋根の様々な課題や性質に対応できるスペシャリストは、正しい診断を行って補修のアドバイスを行います。
見た目では判断できない外壁の本当の状態を確認できるので、診断後は安心して塗装工事を進められます。
外壁塗装に使用する塗料には耐用年数が記載されていますが、耐用年数よりも早く劣化する外壁もあるので過信は禁物です。
豊富な専門知識を備えたプロに診断してもらうと、メンテナンス費用の無駄を防止できます。